mt- st(バックアップテープの使用)

mt-st のパッケージ:mt-st-0.6.1.i386.rpm

テープを読み書き可能にする

#mt load

ステータス表示

#mt status

tarでテープに保存

#tar cf /dev/tape ファイル名

テープに保存されているファイルを表示

#tar tf /dev/tape

ファイル番号の移動

#mt fsf [移動個数]

移動(戻り)

#mt bsfm [移動個数]

テープの巻き戻し

#mt rewind

テープ取り出し(オフラインにする)

#mt offline


/etc/rc.d/rc.local に次の4行を追加

rmmod ide-tape
modprobe ide-scsi
hdparm -d0 /dev/hdd
mt -f /dev/nst0 stoptions no-blklimits


/boot/grub/grub.conf の karnel で始まる行に /dev/ht0=ide-scsi を追加

title Red Hat Linux (2.4.7-10)
    root (hd0,0)
    karnel /vmlinux-2.4.7-10 ro root=dev/hda2 /dev/ht0=ide-scsi
    initrd /initrd-2.4.7-10.img

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-17 (月) 00:00:00 (3439d)