Tomcat の導入+Apacheとの連携(FedoraCore

Tomcatの導入に必要な条件

 ・Java2SDKが導入済
 ・Apache2のrpmパッケージが導入済
   (httpd, httpd-devel)
   ※httpd-devel にはapxsが含まれている

必要なファイルのダウンロード

以下のファイルをjakartaサイトからダウンロードする。
 ・jakarta-tomcat-5.0.18.tar.gz
 ・jakarta-tomcat-connectors-jk2-src-current.tar.gz

インストール

 jakarta-tomcat-5.0.18.tar.gz を解凍する。
 解凍されてできたディレクトリ「jakarta-tomcat-5.0.18」を
 /usr/java/ 以下に移動する。

 .bashrc をエディタで開き、以下のように修正する。

[~/.bashrc]

・・・
export CATALINA_HOME=/usr/java/jakarta-tomcat-5.0.18

 PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:$CATALINA_HOME/bin


jkコネクタの導入

 jakarta-tomcat-connectors-jk2-src-current.tar.gz を解凍する。
 解凍したらnative2ディレクトリに移動する。

# cd jakarta-tomcat-connectors-jk2--2.0.2-src/jk/native2


 以下の手順でコンパイルする。
 make時のエラーを回避するためのリンク

# ls -s /usr/lib/apr/build/libtool /etc/httpd/build/libtool
# ./configure --with-PACKAGE=yes --with-apxs2=/usr/sbin/apxs --with-apr-include=/usr/include/apr-0
# make


 コンパイルが成功したら、mod_jk2.so をapacheのmodulesディレクトリにコピーする。

# cp ../build/jk2/apache2/mod_jk2.so /etc/httpd/modules/


 workers2.properties を apache の conf ディレクトリにコピーする。

# cp  ../conf/workers2.properties /etc/httpd/conf/


mod_jk2 を apache に組込む

 /etc/httpd/conf/httpd.conf に以下1行を追加する。

LoadModule jk2_module modules/mod_jk2.so


workers2.propertiesの設定(サンプル)

 サンプルを表示するには、workers2.properties に以下2行を追加する。

[uri:/servlets-examples/*]
[uri:/jsp-examples/*]


  ※自分で作成したものを表示可能にするには、作成したディレクトリを
   上記のように設定する。

server.xml の修正

 apacheと連携する場合、tomcat起動時のポート(8080)は不要なので、
 この設定をコメントアウトする。

   <!-- Define a non-SSL Coyote HTTP/1.1 Connector on port 8080
   <Connector port="8080"
              maxThreads="150" minSpareThreads="25" maxSpareThreads="75"
              enableLookups="false" redirectPort="8443" acceptCount="100"
              debug="0" connectionTimeout="20000"
              disableUploadTimeout="true" />
   -->

自動起動の設定

 以下3種のスクリプトを作成する。

サービス定義 (/etc/rc.d/init.d/tomcat)

#!/bin/bash
#
# tomcat Starts Tomcat Java server.
#
#
# chkconfig: 345 88 12 begin_of_the_skype_highlighting&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;345 88 12&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;end_of_the_skype_highlighting begin_of_the_skype_highlighting&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;345 88 12&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;&#160;end_of_the_skype_highlighting
# description: Tomcat is the server for Java servlet applications.

CATALINA_HOME=/usr/java/jakarta-tomcat-5.0.18
 
# Source function library.
. /etc/init.d/functions
      
[ -f $CATALINA_HOME/bin/tcstart.sh ] || exit 0
[ -f $CATALINA_HOME/bin/tcstop.sh ] || exit 0
      
RETVAL=0
      
umask 077
      
start() {
	echo -n $"Starting Tomcat Java server: "
	daemon su -c $CATALINA_HOME/bin/tcstart.sh
	echo
	return $RETVAL
}

stop() {
	echo -n $"Shutting down Tomcat Java server: "
	daemon su -c $CATALINA_HOME/bin/tcstop.sh
	echo
	return $RETVAL
}

restart() {
	stop
	sleep2
	start
}

case "$1" in
	start)
		start
		;;
	stop)
		stop
		;;
	restart|reload)
		restart
		;;
	*)
		echo $"Usage: $0 {start|stop|restart}"
		exit 1
esac
      
exit $?


/usr/java/jakarta-tomcat-5.0.18/bin/tcstart.sh

#!/bin/sh
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.2_05
CATALINA_HOME=/usr/java/jakarta-tomcat-5.0.18

#run the startup script from Tomcat installation
$CATALINA_HOME/bin/startup.sh


/usr/java/jakarta-tomcat-5.0.18/bin/tcstop.sh

#!/bin/sh
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.2_05
CATALINA_HOME=/usr/java/jakarta-tomcat-5.0.18

# run the startup script from Tomcat installation
$CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh


 ※ /etc/rc.d/init.d/tomcat を有効にするには、

# /sbin/chkconfig tomcat on


 無効にするには、

# /sbin/chkconfig tomcat off


起動(手動)

# /sbin/service/tomcat start

# /sbin/service httpd start


 ※必ずTomcatを先に起動する

停止(手動)

# /sbin/service tomcat stop

# /sbin/service httpd stop



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-14 (金) 00:00:00 (3442d)