・Berkeley DBの入手とインストール
Sleepycat Software(http://www.sleepycat.com/)のWebページの
ダウンロードメニューからアーカイブをダウンロードします。

# cd /usr/local/src
# tar -zxvf db-4.6.21.tar.gz
# cd db-4.6.21/build_unix
# ../dist/configure
# make
# make install

・aprのインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/\
apache/dist/apr/apr-1.2.12.tar.bz2
# tar xvjf apr-1.2.12.tar.bz2
# cd apr-1.2.12
# ./configure
# make

・apr-utilのインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/\
apache/dist/apr/apr-util-1.2.12.tar.bz2
# tar xvjf apr-util-1.2.12.tar.bz2
# cd apr-util-1.2.12
# ./configure
# make

ここで、apache2をインストールします。
既にmod_davを含めてインストール済みの場合は、
neonのインストール以下作業を続行します。

# cd /usr/local/src
#tar -zxvf httpd-2.2.8.tar.gz
# cd httpd-2.2.8
# OPTIM="-O2" ./configure --enable-mods-shared=all 
                          --enable-module=all --enable-cache 
                          --enable-disk-cache --enable-mem-cache 
                          --enable-proxy --enable-proxy-balancer 
                          --enable-ssl --enable-rewrite --enable-dav 
                          --with-barkeley-db=/usr/local/BerkeleyDB.4.6
#make
#make install

・neonのインストール
apxsがsvnでDAVにアクセスするために必要になります。
さらに、libneonも新しいバージョンをインストールします。
これはlibsvn_ra_davを生成するのに必要になります。
neon 0.25.5でないと駄目らしいので、これより新しいneonが入っている場合でも
neon 0.25.5をインストールします。

# cd /usr/local/src
# wget http://www.webdav.org/neon/neon-0.25.5.tar.gz
# tar xvzf neon-0.25.5.tar.gz
# cd neon-0.25.5
# ./configure
# make
# make install

・subversionのインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.6.tar.bz2
# tar xjvf subversion-1.4.6.tar.bz2
# cd subversion-1.4.6
# ./configure --with-apxs=/usr/local/apache2/bin/apxs 
              --with-apr=/usr/local/src/httpd-2.2.8/srclib/apr
              --with-apr-util=/usr/local/src/httpd-2.2.8/srclib/apr-util 
              --with-berkeley-db=/usr/local/BerkeleyDB.4.6

このとき、

configure: error: APR-UTIL was installed independently, it won't be
possible to use the specified Berkeley DB: /usr/local/BerkeleyDB.4.6/lib

というエラーが出たので、
apr,apr-utilの展開ディレクトリ、または apache2を展開したディレクトリからapr,apr-utilを
subversionの展開ディレクトリにcopyする。

# cp -a ../httpd-2.2.8/srclib/apr .
# cp -a ../httpd-2.2.8/srclib/apr-util .
# ./configure --with-apxs=/usr/local/apache2/bin/apxs 
              --with-berkeley-db=/usr/local/BerkeleyDB.4.6

さらにエラー

libtool: install: error: cannot install `libaprutil-1.la’ to a directory not ending in /opt/apache2/lib

これはmake cleanして一度、クリアしてから、make install すれば解決。

#make clean
#make install

・リポジトリのエントリ追加

httpd.confの中に、以下のようにしてリポジトリのLocationとSubversionの使用、そして実際のPATHを指定します。

<Location /svn/repos>      ←ロケーションの指定
  DAV svn                  ←Subversionを使用
  SVNPath /opt/svn/repos   ←実際のリポジトリを格納するディレクトリ
</Location>

・リポジトリの作成

SVNPathで指定した/opt/svn/reposの配下にSVNリポジトリを作成します。
/opt/svnをあらかじめ作成しておく必要があります。

# mkdir /opt/svn
# mkdir /opt/svn/repos

 リポジトリの作成には、svnadminコマンドを使用します。

# svnadmin create /opt/svn/repos
# chown -R daemon:daemon /opt/svn
# ls /opt/svn/repos
README.txt  conf  dav  db  format  hooks  locks

・初期インポート

$ svn import [登録するファイル/ディレクトリへのパス] リポジトリのURL

登録するファイル/ディレクトリへのパスが省略されると .を指定されたものと見なされます。
\-m オプションに続けてログメッセージを入力します。
使用例

$ svn import -m "test" ~/work/ruby http://localhost/svn/repos/

・Windows svnクライアントのインストール
 下記URLからダウンロード
 http://tortoisesvn.net/downloads

・チェックアウト  クライアントでチェックアウトするときは、
 リポジトリのURLを下記のように設定します。

http://ホスト名/svn/repos

参考:
http://www.magic3.org/sarucast/index.php?subversion%A5%B5%A1%BC%A5%D0%B9%BD%C3%DB

FrontPage


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-10 (水) 00:00:00 (3535d)