# adduser postgres
# mkdir /usr/local/pgsql
# chown postgres:postgres /usr/local/pgsql
# chown -R postgres:postgres /usr/local/src/postgresql-8.3.7
# su postgres
$ cd /usr/local/src/postgresql-8.3.7

configureの実行

$ ./configure
configure: error: readline library not found
If you have readline already installed, see config.log for details on the
failure.  It is possible the compiler isn't looking in the proper directory.
Use --without-readline to disable readline support.

上記エラーが表示された場合は、readline-develをインストールします。
CentOSでは

# yum install readline-devel

Debian 3.1,4,5では

# apt-get install libreadline5-dev


configure: error: zlib library not found

上記エラーが表示されたら、zlibをインストールします。

# cd /usr/local/src
# wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.5.tar.gz
# tar -zxvf zlib-1.2.5.tar.gz
# cd zlib-1.2.5
# ./configure
# make
# make test
# make install


コンパイル

$ make all

インストール

$ make install

PATHの設定
.bashrcか.bash_profileに以下を追加します。

PATH="$PATH":/usr/local/pgsql/bin

export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"

編集後は、

$ source ~/.bashrc

を実行して下さい。

データベースの初期化

デフォルトエンコーディングをUTF-8にします。

$ initdb --encoding=UTF8 --no-locale

文字エンコーディングにUTF-8を指定しています。

  • no-localeは、ロケールを使用しないことを設定するオプションです。
    ロケールとは、言語や文化に応じた処理をするOSの機構です。

Postgresの起動
起動は以下のいずれかの方法で行います。

postgres -D /usr/local/pgsql/data
pg_ctl -D /usr/local/pgsql/data -l /usr/local/pgsql/data/logfile start

$PGDATAが.bashrcなどに設定されている場合は-Dオプションは不要です。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-08 (日) 00:00:00 (3356d)